ゆ い

あ る 便り


ゆいまある旅行

 6/3-6/6 3泊4日で大分の別府温泉に行ってまいりました。今回は大阪南港と別府を結ぶ大型フェリーで初めての船旅です。ゆいまあるを午後3時に出発し大阪南港に向い船の乗船は午後6時ころ。乗船後はお風呂に入る方、食事をする方、甲板に出て船からの景色を楽しむ方とりあえずビールという方などなど思い思いに船旅を楽しみます。翌朝6時にフェリーは別府港へ。直接ホテルに向います。

 ホテルで朝食をとったあと就労支援施設へ見学です。旅行といえども本来の目的は利用者さんの意識やスキル向上のための研修旅行です。見学先は就労継続支援A型とB型をされているリボーンさんです。そこでの取り組みをお聞きして大きな刺激を受けることができました。障害者だから仕事の質が良くなくても仕方ないとあきらめるのではなく、一般の企業と比較しても引けをとらない高品質の、むしろもっと良いものを作りたいという熱意をもっておられそれを実現させておられることに大変感銘を受けました。

 午後はあいにくの雨でしたのでホテルに戻り休憩、その後ホテルでのミーティングとSSTを行います。SSTとは社会性を身に着けるプログラムの一環です。二人チームを作り相手にインタビューして相手を紹介するインタビューゲーム、対象者を決めみんなでその方の褒められることを発表する褒め褒めゲームを行いました。たくさんの褒め言葉が出て、普段物静かなメンバーさんも同じメンバーの褒められる点を勇気をだして発表されるのを見て感動しました。実際涙を浮かべている方もおられました。そのあとはみんなでバイキングの夕食を堪能しました。

 

次の日は湯布院観光です。湯布院の街を観光したあと別府ロープウェーに行くグループと潮干狩りに行くグループとに別れて行動しました。私はロープウェイに行きましたが10分ほどで鶴見岳のほぼ山頂まで行くことができます。そこからの絶景は本当に最高でした。おすすめです。

 帰りも行きと同じサンフラワーに乗って旅の思い出を胸に焼き付けながら帰途につきます。サンフラワ~サンフラワ~太陽に守られて行こう~というどこか70年代ぽいサウンドが耳に残りました。とても楽しい旅行になりました。利用者の皆さん職員の皆さん大変お疲れさまでした!

摺型友禅染

友禅体験に行ってきました。摺型友禅染とは、京友禅の伝統的技法のひとつで、小刀を使って彫られた型紙を生地の上に置き、刷毛に染料をつけて摺り込んで染めていきます。版画のように一色ずつ重ねていくため、染める色数が多いほど、また、模様が細かいほど方の枚数は増え、多い時には数百枚もの型紙を使い、多彩な配色で染め上げていきます。型は同じですが、色合いは自分の好み次第ですので自分だけの作品が仕上がります。みやこめっせ地下一階にある京都伝統産業ふれあい館で染め体験をさせていただきました。

みなさん上手に出来ていますね

とても楽しかったです。これからの作業に生かせてるように頑張ります!

🌸 お花見

今日はみんなで近くの鴨川までお花見に行きました。毎年していることですがあらためて花見という文化いいなぁと感じました。きれいな桜を食べながらゆっくりとおいしいお弁当とお茶ををいただく・・。ただそれだけなのですが日本人でよかったと思う瞬間です。

食事のあとはラジオ体操をしてから競歩リレーです。とても楽しく良い気分転換になりました。


         ・ボランティア     ・拾円塾